二国間関係

政治関係

日本政府は、96年1月23日にボスニア・ヘルツェゴビナを国家承認し、同年2月9日に外交関係を開設しました。98年2月、サラエボに兼勤駐在官事務所を開設し、在オーストリア大使館が兼轄していましたが、2008年1月より大使館へ格上げとなり、特命全権大使が常駐しています。一方ボスニアは98年12月から駐日大使を派遣しています。

経済関係

  • 日本からの輸入(原産地基準) 4,750万ユーロ(2016)
  • 日本への輸出(仕向地基準)    64万ユーロ(2016)

文化関係

国費留学生受け入れ実績
のべ39人

在留邦人数

30人(2016年10月現在)

要人往来

日本側(1994年以降)
ボスニア・ヘルツェゴビナ側(1996年以降)
1994.1 柳井外務省総合外交政策局長を団長とする旧ユーゴ調査チーム    
1996.2 服部外務省経協局審議官を団長とする経協調査団    
1996.7 池田外務大臣    
    1996.9 デルビシュベゴビッチ外務省付大使
1998.4 小渕外務大臣    
    1998.6 シライジッチ閣僚評議会輪番議長
    1998.6 ドディック・スルプスカ共和国首相
    1999.9 ドディック・スルプスカ共和国首相
    2000.5 ジバリ外務副大臣及びイバニッチ民主進歩党党首
(南東欧ハイレベル会議に出席)
2003.8 池田衆議院外務委員会一行
(衆議院中・東欧等各国政治経済事情調査議員団)
   
2004.1 松宮外務大臣政務官    
    2004.4 イバニッチ外務大臣、ドコ対外貿易・経済担当大臣(西バルカン平和定着・経済発展閣僚会合に出席)
2004.7 有馬政府代表    
    2004.8 シャベタ外務次官
    2005.1 チョーラク治安大臣兼閣僚評議会副議長(国連防災世界会議に出席)
    2005.3 テルジッチ閣僚評議会議長及び マリッチ財務大臣
2006.11 松島外務大臣政務官別ウィンドウで開く    
2008.5 本田外務省欧州局審議官別ウィンドウで開く    
2009.2 福嶌外務省欧州局参事官    
    2009.10 アルカライ外務大臣別ウィンドウで開く
2010.12 大久保参議院議員を団長とする参議院ODA調査団一行    
2012.4 浜田外務大臣政務官別ウィンドウで開く    
    2013.9 ベチロビッチ下院議長、ジフコビッチ下院第一副議長、フラニチェビッチ下院クロアチア系議員団長
2014.7 牧野外務大臣政務官別ウィンドウで開く    
    2014.8 ケボBH連邦副大統領
2014.8 伊吹衆議院議長を団長とする衆議院親善訪問団一行    
2015.7 薗浦外務大臣政務官別ウィンドウで開く    
2016.10 岸外務副大臣別ウィンドウで開く    
    2017.10 ツルナダク外務大臣別ウィンドウで開く


駐日ボスニア・ヘルツェゴビナ大使館

ボリスラブ・マリッチ特命全権大使別ウィンドウで開く

おすすめ情報