我が国のビジネス視察ミッションによるボスニア・ヘルツェゴビナ初訪問

  
    

  10月6日及び7日、我が国のビジネス視察ミッションが初めてボスニア・ヘルツェゴビナを訪問しました。同訪問は、日本貿易振興機構(ジェトロ)が企画し、ボスニア・ヘルツェゴビナ対外貿易会議所及び同国外国投資促進庁(FIPA)の協力によって実現しました。同ミッションには、13社の日本企業が参加しました。
  ボスニア・ヘルツェゴビナでは、紛争後20年が経過するにもかかわらず、未だに日本企業による本格的な直接投資が実現していません。今回の訪問では、ビジネス・投資環境に関するセミナーの開催、現地有力企業の訪問、現地企業及び外資企業との交流などが行われました。
  本年は、日・ボスニア・ヘルツェゴビナの外交関係樹立20周年に当たります。我が国のビジネス視察ミッションによる同国への初訪問は、この機会に経済面における両国関係を強化するものです。