坂本大使のスカカ・サラエボ市長表敬訪問

  

 

4月12日、坂本大使は、日本のNPO法人「イピル・イピルの会」の伊藤嘉一氏他とともに、スカカ・サラエボ市長を表敬訪問しました。伊藤氏より、平和のシンボルとしての桜の植樹及びボスニア・ヘルツェゴビナの子供達による絵画コンクール等の活動等を紹介し、坂本大使はこのような市民交流を日本大使館とサラエボ市が協力して引き続き支援していきたい旨述べました。スカカ市長からは、日本政府及びイピル・イピルの会の支援に深く感謝する旨述べられました。