坂本大使のツバキ・ナカシマ社工場訪問

   
 





 2月6日,坂本大使は,サラエボから南に車で50分ほどのところにあるコニッツ市にあるツバキ・ナカシマ社の工場TN Bosnia(従業員数約140名)を訪問・視察しました。この工場では,鉄道車両やトラックに使用されるベアリングの中に入れる精密ローラーが製造されており,製品は欧州の主要ベアリングメーカーに輸出されています。
 
 視察時には,ツバキ・ナカシマ社本社の廣田副社長とハジマホビッチ工場長より同社及びコニッツの工場についての説明を受け,作業場内の視察もさせていただきました。