バニャルカにおける「桜祭り」


    

・・・・・・

    

 


4月21日、バニャルカにおいて、初めての「桜祭り」が開催されました。JTIの助成を得て来訪した日本の音楽グループ「びかむ」のメンバーである坂田美子氏(琵琶)と稲葉美和氏(琴)は、バニャルカ大学において、民族音楽学科の学生を対象にワークショップを行うとともに、日本のNGO「イピル・イピルの会」が同大学に寄贈した日本の桜の下で文化交流を行いました。また、「びかむ」メンバーは、国民劇場において公演を行い、満員の聴衆を前に、日本で活躍したボスニア・ヘルツェゴビナ出身の歌手である友人の故ヤドランカ・ストヤコビッチ氏を偲ぶ映像とともに、満員の観衆の前で琴と琵琶の演奏を披露しました。同公演においては、ツビヤノビッチ・スルプスカ共和国大統領から坂本大使に対し、これまでの日本の支援への感謝の印として感謝状が贈られました。