平成25年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「ヤニャ村メシャ・セリモビッチ小学校校舎改修計画」引渡式の実施

  

 5月19日,小川和也駐ボスニア・ヘルツェゴビナ日本国大使は,ボスニア・ヘルツェゴビナ北東部に位置するビイェリナ市ヤニャ村において,平成25年度草の根・人間の安全保障無償資金協力「ヤニャ村メシャ・セリモビッチ小学校校舎改修計画」の引渡式に出席しました。同引渡式には,小川大使のほか,フソ・ゼチカノビッチ・ビイェリナ副市長,スラブコ・バシッチ同市民生部長,ミリツァ・ペルコビッチ=ブラガイェビッチ同小学校長が出席しました。 
             
 日本政府はメシャ・セリモビッチ小学校に対し,老朽化した窓,ドア及び屋根の改修を行うため,89,074ユーロ(9,539,918円)を贈与しました。同小学校の校舎は,地域の高等学校の生徒にも利用されており,本計画は約1,500人の小学生及び高校生に裨益します。
 
 日本国政府は,教育環境改善を重要課題の一つと位置づけ,1996年より開始された草の根・人間の安全無償資金協力を通じて70件以上の教育関連事業支援を行っています。